レーザー脱毛で火傷してしまう事があるのはどうしてか


TOP > レーザー脱毛で火傷してしまう事があるのはどうしてか

レーザー脱毛を行う場合にはどんなに気をつけていても場合によっては火傷してしまう事がありますが、それはどうしてなのか理由を説明します。

レーザー脱毛というのはどうやって脱毛をしているのかというと、体毛の黒い色素にレーザーの強力な光を照射し、そのエネルギーを色素が吸収することで熱エネルギーに変換しています。

この医療脱毛に関する特集の情報が満載です。

その熱は体毛にだけ伝わるという訳では無く、その周囲の肌にまで伝わるので場合によっては火傷してしまう可能性があるのです。



また、出力を強くすればするほど、それだけ扱いが難しくなって火傷してしまう可能性も高くなります。

それならば火傷しないようにうまく調整すれば良いのではあるのですが、火傷をしないで脱毛効果のみを得られるように調整するという事は現実としては難しく、人によっても肌焼けの状態は異なるので、同じ強さで同じ部分を処理をしたとしても、大丈夫な人もいれば火傷してしまう人が出てしまう事もあるのです。
出来るだけ火傷しないようにする事は出来たとしても、確実に火傷しないようにするというのは不可能と考えた方が良いです。



ただ、レーザー脱毛で火傷してしまうリスクというのはそれほど高い訳では無く、万が一起きた場合であっても適切に処置をして被害を最小限に抑えてくれますので、きちんと対応してくれるかどうかを確認する事は大事ではありますが、しっかりとした病院を選んでおけば過剰に火傷の心配をする必要はないので安心して良いです。