色素沈着していてもレーザー脱毛は可能か


TOP > 色素沈着していてもレーザー脱毛は可能か

レーザー脱毛と言うのは黒い色素がレーザーの光を吸収する事で熱を発生させています。

そのために体毛には反応しても肌には反応させずにムダ毛を処理させる事が可能となっています。

レーザー脱毛はこちらのサイトで情報公開中です。

ただ、色素沈着を起こしている部分があると、その部分については色が黒っぽくなってしまっています。
それは何かしらの外部からの刺激がきっかけで皮膚内でメラニンが大量生成し、そのまま皮膚内に残ってしまっているからこそ怒るので黒っぽくなっていくのです。



体毛が黒いのもメラニン色素のせいであり、もしもそのぶぶんにレーザーを照射してしまうと体毛と一緒に皮膚までレーザーの光を吸収してしまう事になり、皮膚からも熱が発生する事になります。
元々体毛からの熱でも周囲の皮膚が火傷してしまう場合もあるので、色素沈着をしていればより火傷してしまうリスクが高くなってしまいます。



そのために色素沈着を起こしている場合はレーザー脱毛を行うのは難しいと考えた方が良いです。ただし、色素沈着を起こしていたとしても程度が軽い場合は上手く調整する事で対応可能な場合があります。

色素沈着をしているが自分では程度が軽いかどうかの判断には困るのが普通ですが、その場合でもいきなりレーザー脱毛を行う事は無く最初はカウンセリングを行うので、レーザー脱毛を受けたいという気持ちがあるのであれば、出来るかどうかは別にしてもまずはカウンセリングで相談をしてみると良いです。

場合によっては色素沈着の改善についても相談に応じてくれる可能性もあります。